読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なち日記

アルマダインベンシブレのチラ裏。

アフィカス、互助会問題について思うこと

思うこと

はじめに断っておくと、私もGoogleアドセンスやAmazonアソシエイトを使用しているので、広告を貼る人たちを非難したいのではない。

 
私が不思議に思うのは、そういったアフィリエイトや広告の"ためだけ"に記事を書いている人たちのことだ。
 
 
はてなブログの使い方は利用者によるので、違反だと非難することはできないし、するつもりもない。
 
だけど、"そういうブログ"って、見たらすぐわかるんだよね。
 
根底に熱意がないからなのか、ネタの種類があまりにバラバラだからなのか、なぜかははっきりとはわからないけど、わかる。これはお金のためだけに書かれたブログだって。
 
 
昨今特にこのことが問題、目障りになっているのは、はてなブックマーク界隈で互助会とか呼ばれる、
「他人のブログにはてブをつけてまわり、返報性の原理を利用して自分の記事にもブックマークをつけてもらうことで、新着エントリー?に記事が上がりやすくする」
ことを行う人の存在があるからだろう。
 
私ははてな界隈で言えばかなりの新参だし、正直はてなブックマークの新着エントリー欄はほぼ使用しないので、この問題が利用者たちの中で大きなものとして議題に上るようになるまで、気づきもしなかった。
 
そういった"アフィカス"、"互助会"がたしかに目障りなのはわかる。特に古参というか、昔からはてなブックマークシステムを好んで使ってきた人たちからすれば、うっとおしくて仕方ないだろう。
 
 
けれど私が思うことは、
 
ただただそういう、お金のためだけに記事を書いて、本当にいいと思ったわけでもないエントリーをブックマークして適当なコメントつけて、を繰り返す人たちって、どうしてそれを続けられるんだろう?
 
という素朴な疑問である。
 
 
互助会問題で散々言われているけれど、まずそういう人たちの記事って全然面白くない。びっくりするくらい(笑)
 
だからはてブをつけあって新着エントリーにのって少々PVが伸びたところで、そこどまり。
 
私もProに課金はしていないがはてなブログで広告を載っけて記事を書いているからわかるけど、絶対そんなんじゃ労力に合うほど儲かってない(笑)
 
し、ほんとに面白くない(上にPV目標とか売り上げとかの記事書くから、お金の臭いがプンプン臭う)から、これから伸びていきそうな気も全然しない。
 
 
なんであんなこと続けられるんだろう。頭が悪いのかな?と、私はただただ疑問に思う。
一部のインフルエンサー(笑)が言うことを、真に受けたりしているのだろうか。
 
それともそこそこ儲かってんのかな。あんな楽しくなさそうなこと続けるくらいには。
 
 
浅羽なち
 
メインブログ
スペイン留学情報ブログ。
 
海外情報メディアBROADIAに記事を寄稿しています。