読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なち日記

アルマダインベンシブレのチラ裏。

"個人メディア"という名称について思うこと

思うこと

突然だが、私は私のブログを"個人メディア"と形容したいとは思わない。

(メインブログ、『アルマダインベンシブレ - スペイン留学記』の方の話。こっちの『なち日記』はそもそも個人メディアとか言えそうなことを書いていない。メインブログは書けてるのかと言われればそれはそれで別の問題だけど、ある程度は書けていると信じたい(笑))
 
例えばブロガーのことをメディアクリエイターと言おうぜ、みたいな動きがちょっと前にあったときは、正直
「メディアクリエイター?なんかダサいな(笑)」
と思ったが、"個人メディア"という名称に関しては別にダサいとまでは思わないし、誰かが使っていてもなんとも思わない。
 
ただ、自分はなんとなく使いたくないな、というだけである。
 
個人メディア!と名乗ると、ブログと比べてなんだかサッパリとしてスマートな印象がある※あくまで個人の感想です
 
ブログというとどちらかというと個人の日記をだらだら綴るイメージが私にはある(だらだらと書いたがネガティヴなイメージを持っているわけではない)※あくまで個人の
 
この考え方に則るならば、この『なち日記』は間違いなくブログだが、『アルマダインベンシブレ - スペイン留学記』はどちらかというと個人メディアに近いような気がする。
 
アルマダの方に上げている記事は、個人の日記的なものというより、読者にとって有用(だったらいい)な情報や、これまた誰かのためになる(といいなと勝手に思っている)私の体験を書いたものが多い。
 
それでも私が"個人メディア"という名称をつけたくない理由は、その響きにどこか一線を画したような、冷たい響きを感じるからである
 
冷たいと言うといいすぎかもしれない。
が、あくまで私ははてなブログという場で個人的な体験に基づいて文章を綴っているのであって、まとめサイトや、キュレーションサイト等を運営しているのではない。
 
"メディア"というと本来テレビやラジオのイメージだったし、今はさっき言ったような会社等なんらかの団体が運営している情報サイトのような印象をどうしても持ってしまうのである。
 
読者に有用な情報を届けたいとは思うが、あくまで私オリジナルの、私にしか書けない…かはわからないが、少なくとも浅羽なちという一人の人間の体験に基づいた率直な記事を書いていきたい。
 
そんなわけで、私は自分のブログを"個人メディア"と呼ぶ気にはどうしてもなれないのである。

スポンサーリンク

メインブログ